高樹のぶ子さん、東野圭吾さんが退任 芥川賞・直木賞選考委員

芥川賞・直木賞を主催する日本文学振興会は24日、芥川賞の高樹のぶ子さん(73)、直木賞の東野圭吾さん(61)の両選考委員の退任を発表した。高樹さんは平成13年下半期から36回、東野さんは平成25年下半期から12回にわたり選考に携わった。後任は未定。

高樹さんのコメント「このたび、芥川賞を卒業いたします。この賞の重みを背負い、支えられてもきました。各々の文学観に基づいて議論し、終われば歓談がはずむ、すばらしい場でした。18年間、ありがとうございました」

東野さんのコメント「執筆に専念するために、退任します。選考会は楽しかったですし、たいへん勉強になりました」