京商、次期会頭にワコール塚本氏を後継指名

 京都商工会議所の立石義雄会頭(79)=オムロン名誉会長=は23日、京都市内で会見し、次期会頭に副会頭でワコールホールディングス(HD)の塚本能交(よしかた)会長(71)を後継指名すると発表した。ただ、塚本氏が体調を崩しており、交代時期の11月以降も立石会頭が当面の間続投する方針。

 京商によると、塚本氏が京商会頭に就任すれば、父でワコール創業者の塚本幸一氏(故人)に続く初の親子2代の会頭就任となる。

 11月5日で4期12年の任期満了を迎える立石会頭は「塚本さんの体調回復を待ちたい」と語り、会頭交代のタイミングを探るとした。

会員限定記事会員サービス詳細