参院選・私の一票(女性活躍)

「W20」運営委員、荒金雅子さん(58)

 候補者の女性に関する政策や発言を注意深く聞いてください。これを自分の言葉で語れるかどうかは、社会や市民のことを考えているのか、それとも自分や業界の利益を考えているのかを示すリトマス試験紙の役割を果たすと思います。世の中の課題に敏感で、アンテナを高くしていれば、ジェンダーの視点に無頓着ではいられないからです。

 女性政治家はまだまだ少なく、男性以上の能力や清廉潔白さが求められます。女性の能力を過小評価するような考えも根強くあります。女性の国会議員が増えれば、政治にも新しい視点や発想が加わり、市民本位の法律や制度の実現につながります。同じような能力の候補者がいたら、女性に一票を投じてほしいですね。

 あらかね・まさこ 昭和35年、宮崎県生まれ。平成8年、米国訪問時に多様な人材を組織の成長に生かすダイバーシティのコンセプトに出合い、影響を受ける。18年、コンサルティング会社「クオリア」を設立し、代表取締役に就任。女性の能力開発などのプログラムを提供している。著書に「多様性を活かすダイバーシティ経営(基礎編・実践編)」など。

会員限定記事会員サービス詳細