駐韓日本大使館前で焼身自殺未遂、70代が車で乗りつけ

 【ソウル=桜井紀雄】韓国ソウルの日本大使館が入居するビルの入り口前で19日未明、止まっていた乗用車から出火し、70代の男性が全身にやけどを負って病院に運ばれた。警察などによると、男性が運転してきた車を歩道に止めた後、自ら火をつけた焼身自殺未遂とみられる。男性は重体。

 火は10分ほどで消えた。車内からは引火性の高いブタンガスやガソリンなどが見つかった。警察が経緯や動機を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細