「そもそも何をすれば…」プログラミング教育に黄信号、準備の遅れ深刻

 小学校のプログラミング教育 コンピューターを指示通り動かせることを体験しながら、論理的思考力を身に付ける教育。身の回りの機械や社会システムが、プログラム(計画)を通して人間の意図通り動くことに気付かせる。プログラミングは、コンピューターが理解できる言語(プログラミング言語)を使ってプログラムを作成し、指示を出す行為。社会で人工知能(AI)の役割が拡大していく中、AIに関する知識を身につける必要があるとして、来年4月から全面実施される小学校の新学習指導要領で必修化された。