地域社会との「共生」模索 「心地いい」居場所作りを(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

地域社会との「共生」模索 「心地いい」居場所作りを

認知症カフェで談笑する土方さん夫婦(左奥)ら =東京都目黒区
認知症カフェで談笑する土方さん夫婦(左奥)ら =東京都目黒区

 「共生」の実現のためには地域社会が認知症への理解を深め、病院や福祉施設と連携を図ることが欠かせない。何より大切なのは、当事者や家族にとって「心地いい」居場所を作り上げることではないか。

 ◆認知症カフェ

 竹内弘道さん(75)=東京都目黒区=の自宅には月3回、年齢がさまざまな男女が集まってくる。代表理事を務めるNPO法人「Dカフェネット」が「認知症カフェ」として運営。竹内さんやスタッフは身内の介護経験者だが、介護・福祉のプロではない。

 5月下旬の土曜日には、妻が若年性認知症を患った男性と、母がレビー小体型認知症という男性がそれぞれ相談に訪れていた。

 「家族が認知症になったときの不安は誰にでもあるが、介護も大変なことばかりではない」。アルツハイマー型認知症だった母、伊代さんが98歳で亡くなるまで、面倒を見続けた竹内さんはこう指摘する。

 残りの人生をどう過ごすかを話し合う時間があり、言葉を忘れていく代わりに五感でコミュニケーションをとる…。

 竹内さんは「認知症の人が心地よく過ごせるようにいかに環境を整えるか。その中で新たな発見もある。ここでは課題解決の手伝いをしてあげられるかもしれない」と話す。

 ◆体験語り継ぐ

 土方(ひじかた)明さん(46)=大田区=は軽度の認知障害と診断された母を連れ、平成27年12月から竹内さん宅に通い始めた。音楽教師だった母がピアノを弾き、参加者が歌ってくれたことが思い出に残っている。