「当選する余地ない」参院選新潟、N国新人の小島氏

参院選新潟選挙区に出馬する「NHKから国民を守る党」の小島糾史氏=2日、新潟県庁(池田証志撮影)
参院選新潟選挙区に出馬する「NHKから国民を守る党」の小島糾史氏=2日、新潟県庁(池田証志撮影)

 次期参院選で新潟選挙区(改選数1)から立候補する「NHKから国民を守る党」新人で群馬県高崎市の会社員、小島糾史氏(43)が2日、新潟市内で記者会見し、「NHKを見たい人はお金を払う、見たくない人はお金を払わずにすむ制度に変えるべきだ」と訴えた。

 小島氏によると、同県伊勢崎市出身で、同県立伊勢崎商業高校を中退。運送会社でトラック運転手を務めるなどし、今年4月の統一地方選では高崎市議選に立候補し落選。6月から別の運送会社に勤務している。

 新潟選挙区から出馬する理由について「党ははじめは群馬から擁立する予定だった」と明かし、次期前橋市議選への立候補予定者が別にいることから「正直申し訳ないんですが、群馬から近いところで新潟へ行ってくれという話です」と説明した。

 選挙情勢については「自分は当選しないと思っている。私が当選する余地がない」と分析。一方で、当選した場合は「6年間の任期の中で、猛勉強させていただいて、県民のみなさまのために尽くしていきたいという思いはある」とした。

 選挙活動は第一声から動画サイト「ユーチューブ」で公開し、「選挙カーを使った街頭演説などで直接有権者に訴える予定はない」とした。また、ボランティアがポスター張りなどをするという。

会員限定記事会員サービス詳細