現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

衝撃力を持った「令和」の意義 文芸批評家・新保祐司

文芸批評家、新保祐司氏
文芸批評家、新保祐司氏

 令和の御代になって、2カ月がたった。過去の元号が、中国の古典(漢籍)を元にしていたのに対して、今回初めて日本の古典(国書)から採られた。この画期的な変更については既に多くのことが語られているが、これは画期的という言葉では収まらない精神史的な意義を持っている。日本の文化と日本人の精神に、敢(あ)えて言えば衝撃力を持ったものであり、その影響は徐々に広く深く及んでいくように予感される。

 ≪国家的な気概を示した

 先(ま)ずはよく言われることだが、新元号が日本の古典から採られたことは、日本が一国一文明である日本文明を保持する国家的気概を示したということだ。それは、伝統に泥(なず)む保守ではなく、正統に基づく保守が根本であるということに覚醒したことに他ならない。これまでの伝統に従えば、中国の古典から採ることになったかもしれない。しかし、今日の世界の情勢のただ中で、日本の古典から採ることは、日本文明の正統に根差すことなのである。『神皇正統記』で北畠親房が、何故(なぜ)正統という言葉を使ったかに思いを致すべきである。また、西郷隆盛という日本の最大の正統的人物が、明治維新という時代の危機においては、最大の伝統破壊者であったことも考え合わせてもよい。伝統と正統は違うのである。

ランキング

  1. 【一筆多論】国葬反対派に透けてみえる邪心 社民も水面下で影響力 坂井広志

  2. 【正論】現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

  3. 【風を読む】猪木さんの素顔 馬場さんとの関係は? 論説副委員長・別府育郎

  4. 【産經抄】10月4日

  5. 【沖縄考】ハーフ牧師の波乱万丈人生 壮絶ないじめ、教員の侮辱… 那覇支局長・川瀬弘至

  6. 【主張】ルビーロマン 「本家」の知的財産を守れ

  7. 【主張】首相の所信表明 国難の危機感伝わらない

  8. 【スポーツ茶論】忘れられた「天才少年」の育成に学ぶ 北川信行

  9. 【主張】防衛力有識者会議 「水増し」では有事を招く

  10. 【ポトマック通信】ここは鉄道後進国?

会員限定記事