韓国で大人気のガイド本「大阪は喜んで立って飲む」ヒットの理由(下)

韓国で大人気のガイド本「大阪は喜んで立って飲む」ヒットの理由(下)
韓国で大人気のガイド本「大阪は喜んで立って飲む」ヒットの理由(下)
その他の写真を見る (1/5枚)

 韓国では皆無に近い立ち飲み店を中心に飲食店など約100カ所を紹介し、人気を集めている韓国の書籍「大阪は喜んで立って飲む」。著者のイタリア料理シェフでもある作家、朴贊逸(パク・チャニル)氏(54)はコストパフォーマンスの高さや知らない人との会話など立ち飲み店の魅力を語る。日本を訪れる韓国人は、東京より大阪のほうがはるかに多く、大阪の情報は有用だ。韓国人にも立ち飲みは受け入れられるのか。(張英壽)

70年代まで韓国にもあった

 出版元の「モビディックブックス」(ソウル市)によると、同書は1月30日に出版され、大型書店の旅行部門の売れ行きランキングで1~2位に輝いた。もとは食を扱う予定だったが、朴氏が立ち飲み店などに関心があったため、酒中心の本になったという。その朴氏は産経新聞の電話インタビューに応じ、大阪の立ち飲み店の魅力をこう語ってくれた。

 「大阪は並外れて立ち飲み店が多く、梅田から難波までの数キロの間にすごい数の店が並んでいる。座らないから飲み過ぎないし、座る店の1・5倍くらい客が入れるから価格も安くなる。価格に対してのクオリティー(コストパフォーマンス)が高い」

 「東京にも立ち飲み店があるが、知らない人と話をするようなことはない。静かに1人で飲むのもいいが、大阪では知らない人とも会話を楽しめ、独特な文化だ」

 朴氏は同書の中で大阪の飲み屋を「アリの巣の中のようにびっしりと並ぶ」と表現する。個人的に訪問した店を含めると、大阪で500カ所の飲食店を訪れており、「飲み過ぎて健康を害した」と笑う。当初は慣れない立ち飲みで腰が痛かったというが、次第に楽しくなっていったという。

会員限定記事会員サービス詳細