山形新幹線、カモシカはねる 最大46分遅れ

 23日午前9時45分ごろ、山形県南陽市のJR奥羽線赤湯-中川間で、東京発新庄行きの山形新幹線つばさ123号(7両編成)がカモシカをはね、一時停車した。乗客、乗員約400人にけがはなかった。衝突後、カモシカは見当たらなくなった。

 つばさ123号など下り2本が最大46分遅れて計約590人に影響した。

会員限定記事会員サービス詳細