気になる!

コミック 『三国志メシ 第1巻』

■三国志に登場する料理の話から生き方を学ぶ

 『三国志』ファンが集まる中華料理店「楼桑村(ろうそうそん)」に謎の老人・左慈が現れる。憧れの三国志の登場人物にも食べてもらえるような料理作りを夢見ていた店主・中(あたる)は、左慈の問いかけで奮起し、劉備、関羽、張飛による「桃園の誓い」の際にあった料理の再現に挑む。

 三国志のエピソードや登場する料理の話などから生き方も学ぶ。「豚肉の切り肉のあぶりもの」のほか、「鶏肋(けいろく)(鶏のあばら骨)スープ」をはじめ、「肉饅頭(まんとう)」「干し肉入り、雑穀米の雑炊」「羅漢果(らかんか)と梨のゼリー」などのレシピ集「三国志メシを作ろう!」も収録。そそられる!(本庄敬著、潮出版社・1000円+税)

会員限定記事会員サービス詳細