シネマプレビュー

パピヨン

(c)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(c)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 実在の脱獄囚の自伝的小説を基に描いて大ヒットした「パピヨン」(1973年)のリメーク。胸に彫られたチョウのタトゥーからパピヨン(仏語でチョウの意)と呼ばれた主人公が、不屈の精神で脱獄に成功するまでを描く。

 どんな絶望的な状況も耐え抜く屈強なパピヨンを演じるのは、肉体アクションがさえるチャーリー・ハナム。パピヨンの友人となるドガを、「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディ・マーキュリー役でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが演じる。

 オリジナル版はパピヨンをスティーブ・マックイーン、ドガをダスティン・ホフマンが演じ、2人の熱い友情が感動を呼んだ。

 パピヨンは脱獄を繰り返す。今度こそ脱獄成功か、と胸をなでおろす暇もなく、捕らえられる。13年間に及ぶ脱獄劇は緊張の連続で、見終わったときに観客は安堵の中で放心状態に陥ることだろう。

 パピヨンが抱く自由への渇望、生への強い執着は見ている者に勇気を与えてくれる。21日から東京・TOHOシネマズシャンテ、大阪・TOHOシネマズなんばなどで全国公開。2時間13分。(啓)

 ★★★★☆(★5傑作 ★4見応え十分 ★3楽しめる ★2惜しい ★1がっかり ☆は半分)

会員限定記事会員サービス詳細