習氏、訪朝終え帰国 首脳会談で北の経済路線支持

 【北京=藤本欣也】中国国営新華社通信によると、北朝鮮を訪問中の習近平国家主席は21日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と前日に続き平壌で首脳会談を行い、経済建設を中心とする金体制の路線を断固として支持すると表明、金氏は中国の支援に謝意を示した。習氏は同日午後、2日間の訪朝日程を終えて帰国した。

 新華社によると、習氏は会談で「国際情勢がどのように変化しても、中国は(北朝鮮の)社会主義事業や新たな戦略的路線の実践、(北朝鮮が)朝鮮半島問題を政治的に解決するために行う努力を断固として支持する」と述べた。

 習氏はこの日、金氏とともに、朝鮮戦争に中国人民志願軍が参戦したことを記念する「友誼(ゆうぎ)塔」を訪問し、中朝の歴史的な絆をアピールした。

 習氏と彭麗媛(ほう・れいえん)夫人は20日夜、平壌のメーデースタジアムでマスゲームと芸術公演「不敗の社会主義」を鑑賞した。