中朝首脳会談

中国主席、14年ぶりの訪朝 習氏、オープンカーで移動

 【北京=藤本欣也】中国の習近平国家主席(中国共産党総書記)は20日、国賓として北朝鮮を訪問、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した。習氏は金氏に対し、非核化をめぐる米朝対話への協力を促す一方、人道支援の名目で経済援助を行う方針を表明したとみられる。習氏の訪朝は2012年の総書記就任後初めて。中国国家主席の訪朝は05年の胡錦濤氏以来14年ぶりだ。

 中国国営新華社通信によると、この日、習氏と彭麗媛(ほう・れいえん)夫人は専用機で平壌国際空港に到着、金氏と李雪主(リ・ソルジュ)夫人がタラップの下で出迎え、握手を交わした。

 約1万人の市民が詰めかける中、空港で歓迎式典が行われ、「血で固めた朝中人民の友情団結万歳!」などのスローガンが掲げられた。

 習氏の滞在は2日間で、外交を統括する楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けっち)政治局員、王毅国務委員兼外相、経済政策をまとめる国家発展改革委員会の何立峰主任らが随行した。

 一行は、金日成主席らの遺体が安置された市内の錦繍山太陽宮殿の広場へ車で移動。途中から金正恩氏と習氏は同じオープンカーに乗り、数十万人という沿道の市民に手を振った。

会員限定記事会員サービス詳細