「人生の第4楽章」 75歳の加藤登紀子さんが語る終わり方

「人生の第4楽章」 75歳の加藤登紀子さんが語る終わり方
「人生の第4楽章」 75歳の加藤登紀子さんが語る終わり方
その他の写真を見る (1/3枚)

 75歳になった歌手の加藤登紀子さんが「愛の4楽章」をテーマにした全国ツアーを展開中だ。今秋55年目を迎える歌手としての道のり、結婚生活や3人の娘の子育て、夫、両親ら大切な人たちとの別れ…四半世紀ずつ4つの時代に分けた人生を振り返りながら、いま第4コーナーの出発点に立つ加藤さん。「残り時間」をかみしめつつ、いろんなしがらみから解放された4楽章の楽しさ、そして終わり方を思う。(文化部 喜多由浩)

解放されて

 「愛の4楽章」のツアーは、1「始まり」2「惑い」3「追憶」4「永遠」とサブタイトルをつけ、それぞれの時代に沿ったラブソングでつづってゆく。

 東大在学中に歌手デビュー。以来、半世紀以上、『ひとり寝の子守唄』『知床旅情』など、多彩なジャンルでヒットを飛ばす。レパートリーは約700曲、出したアルバムは80枚以上に上る。女優、声優、作家としても活躍し、常に第一線に立ち続けた。

 私生活では、幼時の満州(現中国東北部)からの引き揚げに始まって、世間にセンセーションを巻き起こした学生運動のリーダーだった藤本敏夫氏(平成14年、58歳で死去)との獄中結婚、出産。子育てと仕事の両立。平成7年には全日空機ハイジャック事件に遭遇するなど、波乱の半生と言っていい。

 「『我慢の数が年齢』だというけど、1、2、3楽章の苦労や経験が伏線になって4楽章がある。3人の娘も自立し、夫を見送ったいま、私は完全に解放されてラクになった気分。好きなことを、好きな人と、好きなように生きる。その代わり、責任も100%自分で負うと決めたのです」

 その決意をする大きな転機が、3楽章(50歳~)の少し前にあった。

 フランスやアメリカなど海外での公演やアルバム制作など、リスクも大きくなり、人に任せておけないと判断。加藤さんは、新たな事務所を立ち上げる。それは歌手活動も、お金のことも、すべて自分で把握し、責任も取る。「身の丈以上のことはやらない」という決意表明でもあった。

会員限定記事会員サービス詳細