銀行に居座り90歳男逮捕 宮城

 銀行内で大声を出したため退店するように要請されたのにもかかわらず、そのまま居座ったとして、宮城県警仙台南署は18日、建造物侵入の疑いで、さいたま市北区の無職、高橋久一郎容疑者(90)を逮捕した。調べに対し「帰れなんて言われたつもりはない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は18日午後1時15分ごろ、仙台市太白区の銀行支店で、同支店から退去を要請されたのにもかかわらず、午後2時ごろまで応じなかったとしている。

 同署によると、高橋容疑者は午前11時30分ごろ、姉名義の使えなくなった通帳を持って同店を訪問。「1千万円を引き落としたい」と行員に相談した。前日にもさいたま市から来店したといい、この日も行員が説明しても取り合わなかったため、店側が110番通報。2時間半にわたって行員が「取引はできない」と高橋容疑者に説明しても、「納得いかない」などと聞き入れなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細