成田、顔パスで搭乗手続き 顔認証技術活用、来春に本格導入

新搭乗手続き「OneID」のデモンストレーション。顔認証を使った手荷物の預け入れの様子=31日、東京都港区(古厩正樹撮影)
新搭乗手続き「OneID」のデモンストレーション。顔認証を使った手荷物の預け入れの様子=31日、東京都港区(古厩正樹撮影)

 NECと成田国際空港会社(NAA)は31日、NECの顔認証技術を活用して「顔パス」で搭乗手続きが行えるシステム「OneID」を公開した。来春から成田空港で導入される予定で、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、搭乗手続きの時間短縮や職員の省人化を図る。空港での顔認証による搭乗手続きの本格導入は日本で初めて。

 新システムでは、空港でのチェックイン時に、本人の同意を得た上で、専用端末で顔写真や旅券・搭乗券の情報を登録。その後の手荷物預け入れや保安検査場入り口、搭乗ゲートで旅券や搭乗券を提示せずに、カメラによる顔認証で手続きを進めることができる。保存された顔写真のデータは搭乗後にサーバーから削除されるという。

 NAAによると、既に顔認証による搭乗手続きを本格導入しているのは、シンガポールのチャンギ国際空港と米国のアトランタ国際空港。成田空港は、訪日需要の高まりなどで旅客者数が増加傾向にあり、特に午後3時から7時までのピーク時間帯の混雑に拍車がかかっていることから、顔認証システムの導入を決めた。

 NAAの浜田達也常務は「成田空港は都心から少し遠いといわれているが、空港に着いたらすぐに手続きが終わって便利だと思われるような空港にしたい」と強調する。