連続不審死・筧被告「死刑落ち込むから」と悩むも出廷

 3月の控訴審初公判で法廷に姿を見せなかった筧千佐子被告だが、24日の判決公判には出廷。判決に動揺することなく、最後まで前を見据えていた。一方、弁護団は「審理が尽くされていない」と反発した。

 筧被告は長袖のTシャツ姿で出廷。裁判所職員がヘッドホン型の補聴器を着けようとすると、「耳が悪いからね。(位置に)こだわるんです」と話した。

 「筧千佐子です」。裁判長から氏名と生年月日を尋ねられると、早口ながらもはっきりとした口調で答えた。判決理由の読み上げは約1時間。死刑維持の判決を告げられても取り乱す様子は見せず、閉廷すると傍聴席に一礼し、法廷を後にした。

 筧被告は今月中旬、大阪拘置所で産経新聞の取材に応じた際は「(出廷するか)悩んでいる。死刑といわれたら落ち込むやん」と話していた。判決後、大阪市内で記者会見した弁護団の堀和幸弁護士によると、この日の出廷について直前まで悩んでいたが、「支障がないなら出た方がいい」と弁護士に助言され、出廷を決めたという。

会員限定記事会員サービス詳細