朝晴れエッセー

キャンペーン参加者、募集中・5月23日

「誕生日にはお母さんに『ありがとう』を伝えよう!」

4、5年前から行っているマイキャンペーン、今年1月の誕生日にも、無事伝えることができました。この年になっても、親に感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしいけれど、1年にたった1度の事でしょ?と、遠くに住む母に電話をします。

そもそもこのキャンペーンを始めたのは、誕生日にモノを買ってもらったり、お祝いの言葉をかけてもらうことに、疑問を感じるようになったから。

「この世に生を享(う)けたのは、たしかに幸せなこと。でも、この日一番頑張ってくれたのは、お母さんだよね…」

付き添いもなく病院でひとり出産したという母、今の私よりずっと若かった。タイムマシンがあるならそばに飛んでいって「産んでくれてありがとう!」と伝えたいくらい。

私たち親子は、決して仲がいいばかりの親子ではありません。いまだに口げんかはするし、私は私で、母がヒステリックに手をあげたり、叱(しか)ったりしたことに、わだかまりも持っています。でも、お腹の中で大切に私を育て、無事に産んでくれたという事実は事実。1年に1度お礼を伝えることは、「生まれてきて良かった」と自分を肯定する確認作業でもあります。

メールで一行でもいい、電話で一言でもいい。お誕生日に「ありがとう」を伝えてみませんか? 毎日日本のどこかで、お礼を言われて涙ぐむ誰かのお母さんがいるって、何だかとってもいい。

キャンペーン参加者、募集中です!

大日向 明子 39 主婦 東京都東村山市