市議が選管に不服申し立て 選挙公報に「虚偽の誹謗中傷」 茨城

 4月21日に投開票された茨城県石岡市議選で、市が発行した選挙公報に自身を誹謗(ひぼう)する記載があったとして、同市の高野要市議が8日、市選挙管理委員会に対して不服申し立てを行った。公報の他候補の文章に「虚偽の誹謗中傷の文言」があったと主張し、記載を認めた市選管に謝罪を要求した。

会員限定記事会員サービス詳細