プロ野球通信

西武の内海「パ・リーグTV見てます」 1軍復帰目指し、チームを応援

西武では内海以外にも、当初ローテーション入りが予定されていた榎田大樹投手(32)が左肩の張り、新人の松本航(わたる)投手(22)が軽い肺炎のため開幕に間に合わず、チームの先発陣は回転が厳しい状態だ。榎田は5月2日の1軍復帰登板で一足先に初勝利を挙げたが、気になるチームの戦いぶりを、内海は「当然見てます。(スマホやパソコンなどでパの全試合をライブ配信する)パ・リーグTVにも入りましたし」と明かした。

戦線離脱について「申し訳ないという気持ちが強い」と神妙な面持ち。この試合後、左肘に張りを感じて4月25日のイースタン・リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)の登板は回避し、5月2日の巨人戦(ジャイアンツ球場)では1回を投げて2ランを浴びるなど2安打2失点。

これから先発復帰へ向けて徐々に球数を増やしていくため、1軍昇格にはまだ時間がかかりそうだが、「しっかり結果を残して呼んでもらえるようにしたい」と新天地での本格デビューへ向けて準備を進めていく。(運動部 三浦馨)

会員限定記事会員サービス詳細