小型ロケット宇宙空間到達 民間単独で国内初、堀江氏ら創業のベンチャー

 北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は4日午前5時45分ごろ、自社開発した小型ロケット「MOMO(モモ)」3号機を同町の実験場から打ち上げた。同社は公式ツイッターで、目標としていた高度100キロの宇宙空間に到達したことを明らかにした。打ち上げは成功したとみられる。

 日本の民間企業が単独で開発したロケットが高度100キロ以上の宇宙空間に到達したのは初めて。これまで国主導だった宇宙開発に、民間が本格的に参入したことを示す画期的な成果となった。

 MOMOはエタノールと液体酸素を燃料に使う1段式のロケットで、全長10メートル、重量約1トン。荷物は重さ20キロまで運ぶことができ、3号機は高知工科大が開発した観測装置などを搭載していた。

 一昨年7月に打ち上げた初号機は高度約10キロで機体が破損して失敗。昨年6月の2号機はエンジンのガス漏れが原因で打ち上げ直後に爆発炎上した。3号機は設計変更などの対策を施して打ち上げに臨んだ。

 当初は先月30日に打ち上げる予定だったが、機体の不具合や悪天候で延期を繰り返していた。

 同社は元ライブドア社長の堀江貴文氏らが創業。MOMOの成果を弾みに超小型衛星用のロケットを開発し、令和5(2023)年の打ち上げを目指す。

会員限定記事会員サービス詳細