社民・又市党首「偽装、ねつ造、安倍晋三」

「5.3憲法集会2019」に参加した、左から参議院の会派「沖縄の風」の伊波洋一幹事長、社民党の又市征治党首、共産党の志位和夫委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表=3日、東京都江東区(寺河内美奈撮影)
「5.3憲法集会2019」に参加した、左から参議院の会派「沖縄の風」の伊波洋一幹事長、社民党の又市征治党首、共産党の志位和夫委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表=3日、東京都江東区(寺河内美奈撮影)

 憲法記念日の3日、東京都内で開かれた護憲派集会で、社民党の又市征治党首が「偽装、捏造(ねつぞう)、安倍晋三」と言って政権を批判した。発言の詳報は以下の通り。

 「安倍改憲NO!を突きつけるために本集会に結集されたみなさんに心から連帯のご挨拶を申し上げたいと思います。最近、安倍さんの改憲の声がちょっとトーンダウンしているというふうに言われています。そりゃそうだろうと思います。改竄(かいざん)、偽装、捏造、安倍晋三。こんな批判を受けて本当に嘘つき内閣だ」

 「安倍政権が今年秋の臨時国会、もしくは来年の通常国会の冒頭にも憲法改正を発議し、2020年に改憲を実現すべく虎視眈々と狙っていることは、ここにお集まりの皆さんならご承知のことと思います。何としても阻止しなければなりません」

 「憲法の条文の中に防衛省、厚生労働省、総務省という名前はどこかに書かれてありますか? 自衛隊は防衛省の下部組織ですから、これを憲法9条に明記するということは、軍事組織を内閣と同じ位置付けにするということなのです。とんでもない話ではありませんか。つまりは、軍事優先に切り替えて、平和憲法の体系の下にある法律を全部覆していく。ここに本質的な狙いがある。このことを多くの人びとに知らしめようじゃありませんか」

 「皆さん、この時代錯誤の策動を何としても食い止めましょう。今、やらなきゃならんことは、変えなきゃならんことは憲法ではなくて安倍政権であります」

 「何としても今度の参院選では野党で(改憲の国会発議を止めるのに必要な)3分の1の壁を突破して、できれば過半数を取りたい。改憲勢力は3分の2を割らせ、安倍を退陣に追い込んで、憲法改悪を阻止する。ともに頑張ってまいりましょう」

会員限定記事会員サービス詳細