刃物置いたこと認める供述 悠仁さまの中学校に侵入の男 - 産経ニュース

メインコンテンツ

刃物置いたこと認める供述 悠仁さまの中学校に侵入の男

29日夜、警視庁大塚署に入る自称・長谷川薫容疑者=東京都文京区(宮崎瑞穂撮影)
29日夜、警視庁大塚署に入る自称・長谷川薫容疑者=東京都文京区(宮崎瑞穂撮影)

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で、悠仁さまの机の上に刃物が置かれた事件で、建造物侵入容疑で逮捕された男が、刃物を置いたことを認める趣旨の話をしていることが30日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は銃刀法違反容疑も視野に動機を調べている。

 男は住居・職業不詳、自称・長谷川薫容疑者(56)。長谷川容疑者は親族が住んでいた京都市西京区の住所を自宅として契約書などに記載しており、居住実態を調べる。

 また、大学敷地内の一部の防犯カメラの配線が切断されていたことも判明。周辺に植木バサミのようなものが捨てられており、捜査1課は長谷川容疑者が発覚を免れるために切断したとみている。

 捜査関係者によると、周辺の防犯カメラ画像を解析した結果、長谷川容疑者とみられる男が4月26日午前10時半ごろ、中学校のある大学の正門前を通過していた。この後、正門以外の場所から敷地内に入ったとみられる。

 同午前10時50分ごろ、中学校の出入り口のインターホンで工事業者を名乗り、職員に出入り口を解錠させて校舎内に侵入。正門から外へ出たのは、約20分後の午前11時10分ごろだった。