申ジエ、驚異の後半集中力「スコア見てびっくり」 フジサンケイL

申ジエ、驚異の後半集中力「スコア見てびっくり」 フジサンケイL
申ジエ、驚異の後半集中力「スコア見てびっくり」 フジサンケイL
その他の写真を見る (1/4枚)

女子ゴルフの第38回フジサンケイレディスクラシックは28日、川奈ホテルGC富士コースで最終ラウンドが行われ、19位でスタートした申ジエ(韓国)が大会のコース新記録となる63で回り、通算8アンダーで逆転優勝した。

前週を休養に充てた申ジエが、2週前に続く今季2勝目で31歳の誕生日を自ら祝った。7バーディーを重ねた後半9ホールのスコアは圧巻の29。「優勝より、6アンダーを出してトップ10に入ろうと思っていた。バーディーをいくつ取ったかも知らず、スコアを見てびっくりした」。驚異的な集中力で、難しいパットも次々と決めていった。

7打差逆転の原動力には同組で回った21歳の松田鈴英(れい)の頑張りを挙げた。「松田さんが前半に4バーディーを取った。私もいいプレーで上がりたいとスイッチが入った」。2014年から主戦場を日本に移して戦うベテランは「攻撃的に戦っているので、みんなレベルが高くなる」と台頭する日本の若手を高く評価。その上で「私も守りに入らず、さらに上を目指す」。謙虚な元世界女王の厳しいレッスンはまだまだ続く。(奥村信哉)

会員限定記事会員サービス詳細