京大、吉田寮明け渡し求め提訴 学生20人相手取り

吉田寮に居住する学生らに対して建物の明け渡しを求める訴訟を提起、会見する川添信介副学長(左)ら=26日、京都市左京区
吉田寮に居住する学生らに対して建物の明け渡しを求める訴訟を提起、会見する川添信介副学長(左)ら=26日、京都市左京区

 京都大吉田寮(京都市左京区)の老朽化に伴い、大学側が寮生全員の退去を求めていた問題で、京大は26日、現在居住が確認できている京大生20人に対し、建物の明け渡しを求める訴訟を京都地裁に起こした。

 京大によると、今年に入り、同地裁による占有移転禁止の仮処分の執行や、その後の大学による調査で、少なくとも学生20人が老朽化した吉田寮の現棟に居住していることを確認した。

 京大の川添信介副学長は会見で「(吉田寮をめぐる)長い経過のなかで対話のための可能性を開いてきたつもり」としたうえで、「学生の安全確保のため、先送りできない。権限なく居住していることを法的に認めてもらいたく、提訴にいたった」と説明した。

 一方、吉田寮自治会の松本拓海代表(23)は「温厚な話し合いを求めてきたが、法的措置を取ったことを残念に思う」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細