一帯一路は「国際標準で」 習近平氏が講演、二階氏「平和へ貢献期待」

 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は26日、北京で開かれた巨大経済圏構想「一帯一路」がテーマの第2回国際協力フォーラムで演説した。習氏はインフラ建設などで、「国際規則・標準に基づいて進め、各国の法律法規を尊重しなければならない」と述べた。

 「質の高い発展という方向性で不断に前進させなければならない」とも強調し、ビジネスのみならず支援対象国で財政の持続性を確保する考えを示した。

 同構想をめぐっては、インフラ事業への投資でアジアやアフリカの発展途上国を借金漬けにして中国が影響力を強める「債務のわな」問題が指摘されている。こうした懸念の払拭を狙った発言とみられる。

 習氏は保護主義への反対を訴えてトランプ米政権を牽制(けんせい)した。だが一方で、「制度的、構造的な取り組みによって(中国が)さらに高水準の対外開放を促進する」とも述べた。貿易協議を進めている米国に配慮する姿勢も示した形だ。

 フォーラムに出席した二階俊博・自民党幹事長は26日のハイレベル会議で、同構想を「非常に注目してきた」と発言した。中国が透明性や対象国の財政健全性を考慮し、「国際社会に開かれた形で公共財を供給することで、世界の平和と繁栄に貢献していくことを強く期待する」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細