金正恩氏「原点へ逆戻り」と対米非難 プーチン大統領に説明

 【ウラジオストク=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がロシア極東ウラジオストクで25日にプーチン大統領と初会談した際、非核化交渉での米国の姿勢を非難し、「朝鮮半島の平和と安全は全面的に米国の今後の態度に左右されるだろう」と語ったと報じた。「われわれはあらゆる状況に備える」とも強調したという。金氏は26日、予定を繰り上げて専用列車で帰国の途に就いた。

 北朝鮮は、プーチン氏が会談後の記者会見で取り上げなかった対米批判をあえて公表することで、トランプ米政権に対し、北朝鮮の要求に沿った対話に応じるよう警告したといえる。

 物別れに終わったベトナム・ハノイでの2月の米朝首脳会談について、金氏は「米国が一方的で非善意的な態度を取ったことで、情勢が膠着(こうちゃく)状態に陥り、原点へ逆戻りしかねない危険な状況に至った」とプーチン氏に説明したという。

 朝鮮中央通信は、露朝首脳が「重大な節目に直面」した朝鮮半島情勢をめぐって討議し、「今後、互いの理解と絆をさらに密接にし、地域の平和と安全保障のための戦略的な協力を強化していく」ことで一致したと伝えた。プーチン氏から北朝鮮を支持し、朝鮮半島情勢に積極的に関与するとの担保を取り付けたことを強調した形だ。金氏は都合の良い時期の訪朝を招請し、プーチン氏が「快諾」したとしている。

 インタファクス通信によると、金氏が26日に出席予定だった複数の交流行事や視察の大半がキャンセルされた。金氏は第二次大戦の戦没者慰霊碑への献花や地元知事らとの昼食会だけをこなし、当初は27日朝とも伝えられていた出発予定を繰り上げて26日午後にウラジオストク駅を後にした。

会員限定記事会員サービス詳細