丹羽、日本勢40年ぶりの表彰台逃す 卓球世界選手権

 【ブダペスト=岡野祐己】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの丹羽孝希(スヴェンソン)は第9シードの梁靖崑(中国)に3-4で敗れ、4強入りを逃した。

 3位決定戦がないため、勝てば1979年平壌大会優勝の小野誠治以来、同種目で日本勢40年ぶりの表彰台が決まっていた。丹羽は梁靖崑の強打に後手に回り、ゲームカウント1-1から2ゲームを立て続けに失って後がなくなった。そこから粘りを見せたが、最後に力尽きた。

会員限定記事会員サービス詳細