強行軍なんの!! ハワイから帰国直後の勝みなみ「経験生かす」 フジサンケイLクラシック

前夜祭で、ドレスアップしてムックと一緒にポーズをとる勝みなみ=24日、静岡県伊東市(撮影・戸加里真司)
前夜祭で、ドレスアップしてムックと一緒にポーズをとる勝みなみ=24日、静岡県伊東市(撮影・戸加里真司)

強行軍の疲れを感じさせなかった。20歳の勝は米ハワイ州のコオリナGCで開かれたロッテ選手権から22日に帰国したばかり。23日に会場入りしてパッティングを確認すると、この日は明るい表情で9ホールを手際よく回った。

「たまに眠いですけどね」。時差ぼけは解消しきれていないが、「ドライバーも飛んでいるし、昨年より楽にラウンドできた」。初出場で5位に入った昨年以上の手応えをつかんだ。

米国でのツアーで得た収穫は想像以上だった。「向こうの選手はグリーンを外してもきっちり寄せてパーセーブする。特にアプローチは勉強になった」。同じ組で回ったツアー10勝のポーラ・クリーマー(米国)らの高い技術に目を奪われつつ、自身も得意のアイアンショットで奮闘。4日間のうち3日をアンダーパーで回り、17位に食い込んでみせた。

川奈はコオリナGC同様、風の影響を強く受ける海沿いのコース。「経験を生かせればいい。あとは気持ち次第」。難コース攻略とツアー3勝目への道筋ははっきりと見えている。(奥村信哉)

会員限定記事会員サービス詳細