令和初のウルトラマンはタロウの息子「タイガ」

令和初のウルトラマンはタロウの息子「タイガ」
令和初のウルトラマンはタロウの息子「タイガ」
その他の写真を見る (1/2枚)

 ウルトラマンシリーズで知られる円谷プロダクションは18日、令和初の新シリーズとして、「ウルトラマンタイガ」を7月6日から放送(テレビ東京系、毎週土曜日午前9時)すると発表した。

 同作品では、1人の主人公がタイガをはじめ、「ウルトラマンタイタス」「ウルトラマンフーマ」の3人に変身するのが特徴。タイガは、昭和48~49年に放送された同プロダクション10周年の記念作品で、現在も人気の高い「ウルトラマンタロウ」の息子という設定。タイタスは、同シリーズ初のアニメ作品である「ザ☆ウルトラマン」(54年)の主人公、ウルトラマンジョーニアスの流れをくむウルトラマン。フーマは平成28年放送の「ウルトラマンオーブ」などの流れをくむウルトラマンとして、それぞれ描かれる。

 また、今年3月公開の映画で初登場し、人気となった悪のウルトラマン「ウルトラマントレギア」も、タイガを執拗に狙う宿敵として登場する。

 主役の工藤ヒロユキ役は、昨年12月公開の映画「ニセコイ」などにも出演した井上祐貴さん(22)が務める。

会員限定記事会員サービス詳細