インドネシア 総選挙でもジョコ大統領の与党勝利へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

インドネシア 総選挙でもジョコ大統領の与党勝利へ

 【ジャカルタ=森浩】インドネシア大統領選と同時実施された総選挙で18日、ジョコ大統領(57)が所属する与党闘争民主党が第1党となり、与党連合が国会(定数575)の過半数を占める見通しとなった。ジョコ氏は大統領選再選も確実にしており、安定的な政権が樹立される見通し。

 国会は比例代表制。複数の民間調査機関によると、闘争民主党は20%の票を獲得。与党連合では55%を占める見通し。これまで与党連合は国会で少数派だったため、ジョコ氏は議会対策に時間を割かざるをえない状況だった。

 大統領選でジョコ氏は53~54%の票を集めており、最大野党グリンドラ党党首のプラボウォ氏(67)を上回った。投票所が81万カ所に達し集計作業に時間がかかるため、大統領選や総選挙の正式結果は5月22日に公表される。