「難攻不落」の構造一目瞭然 安来市が月山富田城のジオラマ制作

「難攻不落」の構造一目瞭然 安来市が月山富田城のジオラマ制作
「難攻不落」の構造一目瞭然 安来市が月山富田城のジオラマ制作
その他の写真を見る (1/3枚)

 島根県安来市は、全国最大級の山城として知られる「月山富田城(がっさんとだじょう)」を再現したジオラマ模型を制作し、市立歴史資料館のガイダンス室での展示を始めた。「難攻不落」といわれた山城の構造などが一目でわかり、観光客や歴史ファンの注目を集めそうだ。

 同市広瀬町に城跡の残る月山富田城は戦国大名・尼子氏の拠点で、急斜面の月山に造られた難攻不落の城として知られる。尼子氏が滅びた後、堀尾氏が城主となり、松江城へ移るのを機に廃城となった。

 完成したジオラマ模型は、明治に刊行された「雲陽軍実記」に掲載された絵図(複写)をもとに、専門家の意見を受けながら再現した。絵図が最初に描かれた時期は不明だが、(堀尾氏が城主だった)江戸時代に入ってから作成されたものとみられる。

 城郭を中心に1・4キロの範囲を再現した模型は、平面が600分の1、高さが450分の1のスケールで、約3メートル四方の大きさ。山頂部の城郭の構造物などが精巧に作られており、難攻不落の要塞だった当時の土木技術のすばらしさを伝えている。事業費は約1965万円。

 同市文化財課は「難攻不落といわれた城の構造が実感できる模型となった。城跡を訪れる前に見学してもらえば、山城の魅力をより感じてもらえるだろう」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細