現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

原点に戻り露と平和条約交渉を 新潟県立大学教授・袴田茂樹

米軍基地問題はただの口実

3月14日、日本の経団連にあたる露の実業家組織の大会にプーチン大統領が参加し、大会後彼は組織執行部との非公開の会合をもち、経済問題や国際問題について話し合った。非公開と言っても露有力紙の記者も入れて翌日プーチン発言を記事にさせているので、外への発信も意図したものだ。

この会合で「日本との平和条約交渉は行き詰まったのか」との質問に、プーチン氏は次のように答えた。

ランキング

  1. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  2. 【新聞に喝!】ペロシ氏訪台「自制すべきは米国」に違和感 日本大教授・小谷賢

  3. 【産経抄】8月14日

  4. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

  5. 【主張】原発の攻撃拠点化 「核の盾」は大惨事を招く

  6. 【産経抄】8月13日

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【直球&曲球】野口健 「自分の国は自分で守る」覚悟と行動

  9. 【主張】法隆寺への支援 ネットの縁を未来へ繫げ

  10. 【主張】韓国の対中外交 誤ったシグナルを送るな

会員限定記事