連続テレビ小説「まんぷく」から「なつぞら」へバトンタッチセレモニー

連続テレビ小説「まんぷく」から「なつぞら」へバトンタッチセレモニー
連続テレビ小説「まんぷく」から「なつぞら」へバトンタッチセレモニー
その他の写真を見る (1/3枚)

 30日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン、安藤サクラさん(33)から、4月1日放送開始で、朝ドラ100作目となる「なつぞら」のヒロイン、広瀬すずさん(20)へのバトンタッチセレモニーが26日、東京都渋谷区のNHKで行われた。

 広瀬さんは「オープニングの主題歌を聴きながらメイクをしていた。ヒロインには大変な部分がたくさんあったと思いますが、終えられてお疲れさまでした」とねぎらった。

 安藤さんは、平成22年の朝ドラ「ゲゲゲの女房」のヒロインを務め、「まんぷく」にも出演した松下奈緒さんから、「ヒロインにはヒロインしかわからない気持ちがあるといわれ、心強かった。困ったことがあったら私にでも連絡してくれれば。『頑張れ』ぐらいは言える。夫(の柄本佑さん)も『なつぞら』に出ているから家の電話番号でも(聞いておいて)」と笑いを誘いながら次期ヒロインにエールを送った。

 恒例のプレゼント交換では、安藤さんが番組中で開発したばかりの「まんぷくヌードル」をオリジナルパッケージで、広瀬さんは北海道の十勝ロケで、地元の人が差し入れてくれた品で、自身のお気に入りとなったという「とろーりチーズパン」をそれぞれ贈呈した。

会員限定記事会員サービス詳細