茨城の「ハッスル黄門」引退 キャラクター代替わり

茨城の「ハッスル黄門」引退 キャラクター代替わり
茨城の「ハッスル黄門」引退 キャラクター代替わり
その他の写真を見る (1/2枚)

 さらば、黄門さま-。平成19年から茨城県のマスコットキャラクターを務めた「ハッスル黄門」が今月末で活動を終え、隠居することになった。今後は同県の非公認キャラクターで「納豆の妖精 ねば~る君」が「いばらきの魅力発信隊」に就任し、同県公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)の「茨(いばら)ひより」とともに同県のPRを担う。

 「愛されるキャラクターとして頑張ってきたが、寄る年波には勝てず引退を決意した」

 同県庁で26日に行われた引退会見で、ハッスル黄門は県職員の「通訳」を介し、こう語った。

 ハッスル黄門は19年に同県で開催された高齢者によるスポーツの祭典「ねんりんピック」のキャラクターとして誕生。その後は県のマスコットキャラクターとして22年開港の茨城空港(同県小美玉市)のPRなどをしてきた。

 会見では、ねば~る君への委嘱状交付も行われ、ねば~る君は「粘り強く、まめに県の魅力を伸ばして、県をハッスルさせるネバ~~!」と納豆とハッスル黄門にかけて意気込みを語った。

会員限定記事会員サービス詳細