地方発26歳女性プロゲーマー(上)ゲームが「部活」だった

--格闘ゲームと出合ったのはいつですか

たぬかな 高校生のときです。高校を卒業したら就職すると決めていたので、建築科がある工業高校に進学しました。男子ばっかりで、27人中で女子は3人だけ。放課後にゲームセンターに行って格闘ゲーム「鉄拳」をするのが男子の間ではやっていて、ゲーセンで男子が鉄拳をプレーするのをみてやり始めました。

--部活感覚で鉄拳に打ち込んだ

たぬかな そうです。みんなで放課後に制服を着たままゲーセンに通っていました。大勢の男子に混じって、制服をきた女子が格闘ゲームをするというおかしな状況で、プレーすると物珍しさから、ギャラリーができたり、写真を撮られたりしました。どんどん上達してきて、アルバイト代は全て鉄拳に注ぎ込みました。徳島に1プレー50円のゲーセンがあるのを見つけて、高校から片道45分かけてみんなで自転車で通ってました。部活動みたいで、本当に楽しかった。

--女の子が毎日ゲーセンに通うのは、両親から心配されなかったのですか

たぬかな ゲーム好きな父ですが門限は午後8時で、結構厳しかったです。学校が午後4時半に終わるので、平日は2時間程度しかプレーできませんでしたが、土日になると昼間からゲーセンに通っていました。そんな生活を高校卒業まで続けました。

--なぜ、そこまで熱中したのでしょう

会員限定記事会員サービス詳細