御朱印巡り

山梨・富士吉田「 北口本宮冨士浅間神社」 神山登拝へ北の起点

 上文司(じょうもんじ)厚宮司も「富士山のイメージを形に出している」と話す。「御朱印を受けた方に、これから何度も神社を訪れてほしい」との思いで筆をとる。

 境内にある諏訪神社の御朱印も、「諏訪」の勢いある2文字が印象的だ。併せて求める参拝者も多い。

 御朱印ブームと富士山人気が重なり、「多い日は約800人が御朱印を受ける」という。だが、単なるコレクションではなく、神様とのご縁の証しと感じたいものだ。

 神社名の「冨士」の意味を伺うと、上文司宮司は「やはり『冨士の上には何もない』という意味でしょう」と説明した。富士山は畏れ多く、最も高い「不二の山」なのだろう。

(中川真)

 北口本宮冨士浅間神社 山梨県富士吉田市上吉田5558。富士急行富士山駅から徒歩約20分、バスで6分。初穂料は300円。境内の諏訪神社の御朱印(初穂料同額)もある。電話は0555・22・0221。