菅官房長官「イチロー氏、夢と希望与えたスーパースター」 国民栄誉賞は「決まっていない」

会見に臨む菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、米大リーグ、マリナーズのイチロー選手の現役引退について「多くの子どもや野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。これまでの活躍と功績に敬意を表し、お疲れさまと申し上げたい」と述べた。

国民栄誉賞の授与については「日米の野球ファンを魅了してきて、国民にそういった声があることは十分認識している」としながら「現役引退を公表したばかりで、現時点では何も決まっていない」と話した。

イチロー選手について菅氏は「野球に対する真摯な姿勢や、絶えず努力を積み重ねる姿勢は、野球ファンに限らず、多くの方々の尊敬を受け、影響を与えてきた」とたたえた。

菅氏自身は「大変驚くとともに、ついにこの時が来てしまったのかなという思い。現役としてのプレーを見られなくなることはとても寂しい」と語った。