「最高の引き際」イチローに惜しみない賛辞

成田空港から米シアトルに向かうイチロー=22日、成田空港(福島範和撮影)
成田空港から米シアトルに向かうイチロー=22日、成田空港(福島範和撮影)

「平成とともに記憶が刻まれる選手」。米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)が、プロ28年目にしてバットを置いた。プレーだけにとどまらず、その思考法や発言なども注目を集め、日米で長らく野球界を牽引(けんいん)。スーパースターの現役引退に、「最高の引き際」などと惜しみない賛辞が上がっている。

「自分の成績に納得がいかなかったんだろうね」

メジャーでイチロー選手の専属打撃投手を務めていた奥村幸治さん(46)はそう推し量り、日本のファンの前での引退発表を「最高の舞台で、最高のタイミング」と語った。

10年連続の200本安打達成後も、イチロー選手は目標を「まず試合に出ること」と設定していた。過去の栄光に縛られず、自分の状態やチームからの評価を踏まえ、「精いっぱいできることを考える人」(奥村さん)だったという。今回の決断の背景を「チームのために、今後も活躍できるイメージが浮かばなくなったのでは」と話す。