メンバーの関与否定 「NGT48」暴行事件で第三者委

山口真帆さん
山口真帆さん

 新潟市を拠点にするアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さん(23)への暴行事件をめぐり、運営会社「AKS」(東京都)は21日、「メンバーの関与は認められなかった」とする第三者委員会の調査報告書の全文を、グループの公式ホームページ(HP)で公開した。報告書を受け、同社は22日に記者会見を行う。

 調査報告書は「事件に関与していることを示す証拠を確認することはできなかった」などとして、「メンバーが被疑者らとの間で何らかの共謀をして関与した事実は認められなかった」と結論づけている。一方、「(業務の)規程が整備されておらず、職務の範囲、権限などが不明確な点が多い」など、AKSの運営上の不備も指摘した。

 AKSはHPを通じて、「調査結果を厳粛に受け止め、第三者委員会からご指摘いただいた不備を改善することに全力で取り組む」とのコメントを発表。

 暴行を行った男たちについては、「民事上の法的措置を検討している」とした上で、今後はメンバーが居住しているマンションの管理体制の強化などの対策を講じるとしている。

会員限定記事会員サービス詳細