外交安保取材

日本政府が触れたくない過去…かつては「北方領土は二島」の見解

国後と択捉は「南千島」?

 しかし、日本政府は千島列島の範囲をめぐり、大きくぶれた時期があった。

 1951年9月8日の講和条約署名の前日、当時の吉田茂首相は演説で「日本開国の当時、千島南部の二島、択捉、国後両島が日本領であることについては、帝政ロシアも何ら異議をさしはさまなかった。ただ得撫(ウルップ)以北の北千島諸島と樺太南部は、当時日露両国人の混住の地であった」と述べた。千島列島は「北千島」と「南千島」に分かれ、択捉、国後の二島は「南千島」との認識を示したことになる。

 同年10月19日には外務省の西村熊雄条約局長が衆院の特別委員会で「(サンフランシスコ講和)条約にある千島列島の範囲については、北千島と南千島の両者を含むと考えている」と答弁した。南千島である択捉、国後両島も、サンフランシスコ講和条約で放棄したと公式に認めたのだ。

 ラブロフ氏のいう「四島ともロシア領」は飛躍しすぎだが、択捉、国後の二島については、一定の根拠を与えたことになる。

 日本はその後、東西冷戦が激化する中で、「北方四島は日本固有の領土」と主張を変えていった。米国が1956年の日ソ共同宣言署名前に、「二島返還」で妥結しないよう強く求めてきたことが背景にあった。

会員限定記事会員サービス詳細