「麻雀放浪記2020」議論百出の末に公開 監督「ガイドライン作るべき」

「麻雀放浪記2020」議論百出の末に公開 監督「ガイドライン作るべき」
「麻雀放浪記2020」議論百出の末に公開 監督「ガイドライン作るべき」
その他の写真を見る (1/2枚)

 東映は20日、ピエール瀧容疑者(51)出演の映画「麻雀放浪記2020」(白石和弥監督)を予定通り4月5日に公開することを決定した。20日、東京都内の本社で開かれた会見では多田憲之社長が「映画会社の責任として完全な形で公開したい」と語った。東映によると、公開前に出演者が犯罪行為によって逮捕された作品を公開するのは「東映としてはおそらく今回が初めて」という。

 会見には約100人の報道陣が詰めかけた。多田憲之社長は、同じく瀧容疑者が出演する「居眠り磐音(いわね)」(5月17日公開、本木克英監督)が、代役を立てて撮り直すことを決定したことなどを念頭に、「各映画会社や製作委員会の判断だが、東映として、私個人として、それらの対応は行き過ぎとの印象を持った。スタッフや役者が総力を挙げて作った映画をボツにしていいのか。映画会社の責任として公開したい」と決断の背景を説明した。

 公開規模は全国の51スクリーンで、「瀧容疑者が逮捕される前と同じで変わらない。『上映できない』と言ってきた劇場は今のところない」とした。決断に至る過程については「この1週間、製作委員会で協議を続けてきた。議論が百出したのは事実で、現在も続いている」と明かした。

 一方、白石監督は、「作品に罪はあると思うか」という報道陣の質問に対し、「作り手の意見だが、『作品に罪はない』と思う。何の議論もなく、一様にふたをしてしまうのはよくない」と訴えた。

 NHKがインターネット動画配信サービス「NHKオンデマンド」で、瀧容疑者が出演する作品の配信を当面停止するなど、過去作の公開自粛の動きが出ている点について、白石監督は「過去作まで見せなくするのは文化の損失」と危惧を表明。「見るか見ないかの判断はお客さんに判断を委ねるべきだ。ガイドラインなどを作るべきだと思う」と語った。

 「麻雀放浪記2020」は近未来の2020年の東京を舞台にした物語で、東京五輪が戦争で中止になった世界-という設定。瀧容疑者は元五輪組織委員会の会長役を演じている。この作品をめぐっては、通常、公開前に行うマスコミ試写や一般試写が一切行われていない。東映では「諸事情により、この映画は、試写は行いません」としていた。

会員限定記事会員サービス詳細