東京五輪の聖火トーチは桜をデザイン 仮設住宅アルミを再利用

聖火リレートーチを手にするデザイナーの吉岡徳仁(左)と聖火リレー公式アンバサダーの野村忠宏=20日午後、東京都港区(川口良介撮影)
聖火リレートーチを手にするデザイナーの吉岡徳仁(左)と聖火リレー公式アンバサダーの野村忠宏=20日午後、東京都港区(川口良介撮影)

 2020年東京五輪の聖火がギリシャから日本に到着する1年前となった20日、大会組織委員会は聖火リレーで使われるトーチの概要を発表した。日本を象徴する桜の花をデザインに取り入れ、素材には、東日本大震災で建てられた仮設住宅の廃材のアルミサッシを再利用、復興に向かう震災被災地の姿を国内外にアピールする。

 トーチは上部から見ると、桜の花びらの形となるようかたどられ、色は金色とピンクを合わせた「桜ゴールド」。全長71センチ、重さは1・2キロで、燃焼すると高さ25~30センチの炎が出る。

 作製には、新幹線の車両製造に用いられている技術が活用されており、「つなぎ目がないひとつなぎのトーチ」(組織委)が特徴という。燃焼方法は3つの異なるシステムを取り入れることで、悪天候でも雨や風の影響を最小限にとどめ、灯し続けることが可能だ。

 トーチをデザインした吉岡徳仁(とくじん)さんは記者会見で「世界初のものを作りたいと考えた。トーチは太陽の光で輝くようにデザインされている。希望の道をつなぐことができれば」と語った。

 聖火リレーは来年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートし、開会式までの121日間、全国各地を回る。1日当たり80~90人が参加する見通しで、トーチは1人1本ずつ1万本余りを用意する。