ぼったくりキャバクラ店経営者ら逮捕 大阪・ミナミ 大学生に「16万円」

ぼったくりキャバクラ店経営者ら逮捕 大阪・ミナミ 大学生に「16万円」
ぼったくりキャバクラ店経営者ら逮捕 大阪・ミナミ 大学生に「16万円」
その他の写真を見る (1/2枚)

 大阪・ミナミのキャバクラ店で客を監禁し、現金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警南署が恐喝未遂と監禁の疑いで、キャバクラ店「CHERIR(シェリール)」の経営者、竹本大樹(23)と弟で同店店長、力矢(りきや)(22)の両容疑者ら男4人を逮捕したことが19日、捜査関係者への取材で分かった。同署には昨年9月以降、同店の利用客からぼったくり被害の訴えが相次いでおり、被害額は140万円を超えるとみられる。

 同署は18日午後、同店を家宅捜索。押収した資料を分析するなどして店の経営実態を調べる。

 捜査関係者によると、竹本容疑者らは共謀し昨年9月29日午前3時半ごろ、大阪市中央区宗右衛門町(そうえもんちょう)の同店で、20代の男子大学生に飲食代として16万円を請求。同11時ごろまで店内に監禁し、「払うまで帰さない」と現金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 大学生は客引きに誘われて同日午前2時半ごろに入店。学生証などのコピーを取られたうえ、法外な料金を払うとする念書を書かされたという。

 竹本容疑者らは従業員に「1日75万円」の売り上げノルマを課しており、一緒に逮捕された従業員は「ノルマを達成するためにぼったくりをした」などと話しているという。