国家を哲学する 施光恒の一筆両断

桧原桜 日本人のコミュニケーション

 春めいた日が多くなってきました。桜の便りももうすぐでしょう。桜といえば、私の住む福岡市には「桧原桜(ひばるざくら)」の話があります。

 昭和59年3月、福岡市の南郊、桧原で小さな事件が持ち上がります。ため池のほとりに9本の桜からなる小さな並木があり、地元の人々に親しまれていました。それが道路拡張工事のため、切られることになったのです。

 人々は落胆しつつ、せめて桜の季節以降まで伐採を延期してほしいと願いました。試しだったのでしょうか、並木の最初の1本が、3月初旬に、市から委託された業者の手で切られました。その数日後、残った8本のうちのいくつかに、次の和歌が記された色紙が掛けられます。桜の木を惜しむ近所の人の手によるものでした。

 花守(はなも)り 進藤市長殿

 花あはれ せめてはあと二旬 ついの開花を 許したまえ

 当時の進藤一馬福岡市長を「花守り」と呼んだうえで、あと「二旬」、つまり20日間伐採を待ち、最後の開花を許してやってほしいという歌でした。

 数日後、西日本新聞が、色紙がかけられた桜のことを夕刊で報じました。記事には、取材を受けた近所の主婦のエールの歌も添えられていました。

 先がけて 花のいのちを 乞(こ)う君の われもあとにと 続きなん

 また記事には、市当局と桜の所有者である地元の水利組合が話し合った結果、伐採は桜の季節以降に延期したとも記されていました。

 その後、記事を読んだ多くの人々が、次のような花を惜しむ歌の色紙や短冊を持ち寄り、木に掛けました。

 春は花 夏は葉桜 幾年を なぐさめられし 並木道かな

 年どしに 賞(め)でし大樹の このさくら 今年かぎりの 花をはぐくむ

 桜並木に掛けられた数多くの和歌のなかに、ひっそりと「香瑞麻」という雅号が添えられた次のような一首もありました。

 桜花惜しむ 大和心のうるわしや とわに匂わん 花の心は

 「香瑞麻」とは進藤氏の号であり、市長からの返歌だったのです。

 進藤氏は桜並木に掛けられた歌のことを知り、市の担当者に「何とか花の命を延ばすことは、でけんだろうか」と再検討を促すと同時に、この一首を枝に下げるよう指示したのです。ちなみに発端となった歌に気づき、何かと気を配った元九州電力社長の川合辰雄氏は、先ごろ亡くなられました。

 それはともかく、進藤氏は後日、次のように回想しています。

 「…たとえ市長である私がどう思っても、個人としての私情ではどうにもならないことが行政には多々ある。だから桜の木は切り倒されるかもしれない。だが、あなたの花を愛する心情は確かに受け止めたという気持ちを託しました。幸い、担当部門での検討の結果、九本のうち八本は歩道の中に組み入れることで残され、新しく並木用に桜の若木二本も植えられることになった」

 この回想にあるように、桧原の人々の気持ちが通じ、結局、順延されただけでなく、残りの桜並木は伐られずに済むことになりました。

 直後の昭和59年4月に作曲家の團伊玖磨氏が、氏のよく知られた随筆のシリーズ「パイプのけむり」の一篇で桧原桜を取り上げました。「…この話は小さな話しかもしれない。然(しか)し、この小さな話しの中に、僕は大きな、今の日本の社会で忘れられがちな、暖かく、人間が人間を信じる叡智(えいち)に満ちたコミュニケーションの見事な開花を見る気持ちがする。ついの開花を願った誰か判らぬ心の優しい人は、ヘルメットを被って伐採反対運動を組織する愚も、座り込みもしなかった。そして、只、一首の歌を桜の枝に吊ったのだった。工事の責任者はその短冊を千切らずに市長に伝えて呉(く)れた。そこが嬉しいところである。そして、市長が又歌を以って桜花を惜しむ人に答え、ついの開花を実現させたのである。…」

 われわれ日本人が好み、人々の心を動かすもの、そして日本の政治のかたちを考えていくうえで重要な事柄が、桧原桜の話には含まれていると感じます。35年後となる今年の開花も待ち遠しいですね。

                   ◇

【プロフィル】施光恒

 せ・てるひさ 昭和46年、福岡市生まれ、福岡県立修猷館高校、慶應義塾大法学部卒。英シェフィールド大修士課程修了。慶應義塾大大学院博士課程修了。法学博士。現在は九州大大学院比較社会文化研究院准教授。専攻は政治哲学、政治理論。著書に『英語化は愚民化』(集英社新書)、『本当に日本人は流されやすいのか』(角川新書)など。「正論」執筆メンバー。

会員限定記事会員サービス詳細