現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

緯度経度

「英なきEU」の主役は? 三井美奈

英国の欧州連合(EU)離脱騒ぎを勝機に変えた国がある。オランダだ。アムステルダムを先週訪れ、企業の移転ラッシュに驚いた。

ビジネス地区の駅を降りると、ガラス張りビルがそびえる。欧州医薬品庁(EMA)の新本部だ。ロンドンからの引っ越しを控え、仕上工事の真っ最中。周囲は大型クレーンがうなり、ビル建設が進む。パナソニックやソニーの新たな欧州拠点もこの界隈にある。

オランダ政府によると、昨年、同国への移転企業は42社。約250社が検討中という。英EU離脱の損失は2030年までに100億ユーロ(約1兆2千億円)と推計されるが、埋め合わせるように対蘭外国投資が前年比で7割増えた。約1万人の雇用創出につながる。

ランキング

  1. 東部で攻防続く 露軍、橋を破壊 渡河作戦、再び失敗か

  2. クアッドの結束は…労働党、拭えぬ「親中」 豪州政権交代

  3. バイデン米大統領 日本到着 23日首脳会談、新経済圏構想を発表へ

  4. 尹大統領、靴履き替えバイデン氏面会 夫人が「きちんとしろ」指示

  5. 【揺らぐ覇権】「米国の戦争」とはなっていないウクライナ

  6. 豪野党勝利、政権交代へ クアッド会合出席の意向

  7. バイデン米大統領、今夕訪日 首脳会談、新経済圏構想を発表へ

  8. 夕食会料理は米韓〝共演〟 「反日」メニューなし

  9. 豪首相の総選挙敗北喜ぶ オーカスで対立の仏前外相

  10. ゼレンスキー大統領、NATO入り阻んだ独仏に怒り 「ロシアへの譲歩の結果を見よ」

会員限定記事