立憲民主が統一選政策 同性パートナーの配偶者認定

立憲民主党の枝野幸男代表
立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党は7日、春の統一地方選の政策を発表した。同性パートナーを配偶者と認定する「パートナーシップ証明書」を発行する条例制定や、保育園待機児童ゼロなどを掲げた。逢坂誠二政調会長は記者会見で「政策の出発点は自治の現場にあるという発想で作った」と説明した。