小4女児死亡事件で父親を傷害致死罪で起訴 妻は幇助罪 千葉地検

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が1月24日に自宅浴室で死亡した事件で、千葉地検は6日、心愛さんに2日前から暴行を加えて死なせたとして、傷害致死罪で父親の勇一郎容疑者(41)を起訴。暴行を手助けしたとして、傷害幇助(ほうじょ)罪で母親のなぎさ容疑者(32)を起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、心愛さんの胃には内容物がほとんど残っていなかった。長期間にわたり虐待を受け、食事も与えられていなかったとみられる。心愛さんの死因は司法解剖では判明しなかったが、地検は飢餓や強いストレスによるショック死や溺死の可能性があり、直前の暴行と死亡との因果関係を問えると判断。逮捕時の傷害容疑から罪名を切り替えた。

 起訴状によると、勇一郎被告は1月22日午後10時ごろから心愛さんを居間や浴室に立たせ続け、十分な睡眠や食事を与えず放置。同24日午後には自宅浴室で肌着姿の心愛さんに「5秒以内に服を脱げ」と命令してボウルに入った水やシャワーの冷水をかけたり、寝室に入ろうとした心愛さんを浴室に連れ込み、顔にシャワーの冷水をかけて死なせたとしている。

 なぎさ被告は、勇一郎被告の指示で心愛さんに食事を与えず、勇一郎被告の一連の暴行を認識しながら制止しなかったとしている。

 2人が再逮捕された昨年末から年始にかけての傷害容疑について地検は、勇一郎被告を傷害罪で起訴。なぎさ被告を不起訴とした。

会員限定記事会員サービス詳細