【日曜経済講座】電力自由化から3年 「安定供給」の課題浮き彫りに 論説委員 井伊重之(5/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

日曜経済講座

電力自由化から3年 「安定供給」の課題浮き彫りに 論説委員 井伊重之

 政府も台風などで停電が頻発する事態を憂慮し、電力の安定供給に向けた対策の検討を始めた。発電能力を売買する「容量市場」を前倒しで創設し、火力発電の維持を促す方針も示しているが、その実効性は未知数だ。石炭火力発電所の建設をめぐっては強い逆風が吹き、相次いで計画の見直しも迫られている。

 「自由化のための自由化」ではなく、安定電源への投資を促す仕組みづくりも官民あげて検討すべきだ。